お知らせ

2020-9-4もうすぐ秋

9月に入り、気温は高くても少しずつ涼しくなってきましたね!


暑い夏が終わり、サマーカットから徐々に冬仕様の長めのカットに移行しようとお考えの飼い主様も多いのではないでしょうか。
短いカットのときはしなくてもいいというわけではありませんが、毛を長く保つならなおさら、サロンにトリミングに出す時だけではなく、日頃から飼い主様がおうちでブラッシングをしてあげることが必要不可欠になってきます!


お顔や体の毛が伸び続ける種類のわんちゃん(プードルなど)だけではなく、猫ちゃんや、チワワやダックスなどの犬種も、もちろん毛の生え変わりはあるので、まったくお手入れをしないと、抜けた毛がもつれて毛玉になってしまうこともあります。


よく「やろうとはするんだけど嫌がってしまって・・・」「うちの子怒っちゃってできないんだよね・・・」という言葉を聞きます。
確かに、嫌がる・怒る場合はなかなか難しいかもしれませんね。。
その場合は、一度に全部やろうとせず、毎日一部分だけと決めて短時間で終わらせてあげたり、例えば手足を触られるのを嫌がる場合は、いきなりブラシを使わずに、まずはおやつをあげたりしながら少しずつ手足を触って、嫌がらないようトレーニングしていきましょう!


ブラシが嫌なのに毎日無理に続けると、わんちゃんたちもどんどん嫌になってしまいます。
しかし、わんちゃん・猫ちゃんを飼う以上、ブラッシングは一緒に暮らしていく中で必要不可欠なお手入れです。
毛玉になってしまうと、ご希望のカットにできない可能性などももちろんですが、皮膚に張り付いてしまったひどい毛玉は、トリマーがやるとしても、ブラシで取るのもバリカンで取るのも、わんちゃんたちにとってかなり負担になってしまいます。(人間より皮膚が薄いので怪我のリスクも高くなります!)
面倒かもしれませんが、嫌がる子でも、少しずつその子に合わせてステップアップしていきましょう!

一覧へ戻る トピックスへ